日本の未来のために自然エネルギーと暮らしを変えていく

グローバルライフ|Global Life – 東京|グローバルライフ株式会社|太陽光発電+蓄電システム

こんにちは、グローバルライフ株式会社です。

災害時などの非常事態にライフラインが止まってしまうのは最も困ります。
先日あった西日本豪雨災害で実力を発揮したシステムが発表されるようですので、こちらのニュースをお届け致します。

西日本豪雨災害でも、病院の照明を12日間確保した太陽光発電+蓄電システム

PDジャパン(長野県長野市)は10月10日~12日、太陽光発電と蓄電システムを組み合わせた製品「MSD-BOX」を、東京ビッグサイトで行われる「危機管理産業展 RISCON 2018」に、開発元であるイシダ事務機(同)と共同出展する。

同製品は、日中は太陽光エネルギーで発電し、夜間はバッテリに蓄えた電気を利用する環境エネルギーシステム。不足分のみを商用電力など外部から受電する。また、交流・直流を問わず、複数の受電系統をリミックスし、システム内に「電気のダム」を構築する。この「パワー・ストッカー技術」により、「ダム」の電気が枯れない限り、極限まで高確率で給電し続けるよう設計されている。

同製品の特長は下記の通り。

  • 「発電・受電・蓄電・整流・給電」の「パワーサイクル」をパッケージ化した、防災対応型給電コントロールシステム。
  • 自然エネルギーを利用したUPS(無停電電源装置)機能で、あらゆる電力リソースに対応。
  • 太陽光エネルギーを「地産地消」し、平静時、停電時を問わず燃料不要で高品質給電を実現。
  • 騒音が無く、排気ガスを出さないので設置場所を選ばない。
  • 軽量でコンパクトであるため、浸水被害を避けた場所(高所・高層階)への設置が可能。
  • 世界トップシェアのSPD(避雷器)を標準搭載。落雷による接続機器の損壊を防御しながら給電を続ける。
  • 再生可能エネルギー」として常時利用が可能(太陽光発電パネルを使用しないカスタマイズ設計も可)。

西日本豪雨災害でも、病院の照明を12日間維持

広島県広島市安芸区の公立病院では、5年前から防災対策と節電効果を目的として、「MSD-BOX 200W(医療機関向けモデル)」を導入しており、平静時から1階6部屋の照明用電源として利用していた。

2018年7月6日に起こった集中豪雨による土砂災害により、同地域の全世帯が電力エネルギーを失った時、同病院に設置された同製品は、停電直後から自動で独立回路に切り替わり、復電までの12日間、途絶えることなく24時間電源を担保した。暗闇となった医療現場に、安定した「灯り」を燃料不要で提供し、現在も無故障で連日稼働を続けている。

同製品は、停電時に切替作業や配線作業を一切行わず、常用電源の延長として継続利用できるという点がユーザーから高い評価を得ているという。さらに、燃料補給が不要な点や静かで騒音がない点などが、被災地の現場スタッフのストレスを軽減したというメリットも報告されている。

また、実際の被災者からは、「災害時の混乱の中で、複数のバックアップ電源の稼働状況や、自家用発電機の備蓄燃料をリアルタイムで把握し管理することは、現実的にかなり困難であった」という声も聞かれ、災害時に常用電源を継続利用できるしくみが求められている。

展示会では模擬停電による実演も

今回、展示会に出展する機種は、最上位モデルの「ストロングシリーズ(耐震・対電磁パルスモデル)」と「スタンダードモデル(BCP対応モデル)」の2機種。当日は、製品説明に加え、被災者となった受験生の体験セミナーや、模擬停電による製品の実演が予定されている。

なお、「危機管理産業展 RISCON 2018」は、国内最大級の防災・減災、セキュリティ、事業リスク対策などに関連するトレードショー。会場は、東京ビッグサイト 西1・2。会期は、2018年10月10日(水)~12日(金)の3日間(各日とも10:00~17:00)。同社の展示場所は、西1事業リスク対策ゾーン(病院・学校のリスク対策)、小間番号:1J36。

引用URL:https://www.kankyo-business.jp/news/021289.php

 

こういった商品が出てくると災害時でも心強いですね。

これからも注目していきたいですね!

少しでも太陽光発電にご興味のある方は、まずはお気軽にグローバルライフまでお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

グローバルライフ株式会社 | Global Life
〒130-0013 東京都墨田区錦糸3-2-1 アルカイースト4F

TEL 03-6853-8800
FAX 03-6853-8801

お客様窓口 お問合せ/お見積り

TEL 0120-997-229

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

最新記事